れびとらを空腹時服用した場合の効果時間

EDで悩む人に効果のある薬として、バイアグラが発売されてから、その他にもED治療薬が日本で使用される様になっています。
バイアグラの二番手として、ドイツのバイエル薬品から販売されたのが『レビトラ(れびとら)』です。
現在では、10mgと20mgの錠剤タイプのものが販売されています。
この薬に含まれる成分が水に溶け易い事もあり、効果が早くあらわれる特徴もあります。
標準的な食事の制限は受けない、とされていますが、効果としては空腹時に服用する方が高い効果を期待できます。
いずれにしても、行為の1時間ほど前に服用します。
れびとら効果時間としては、用量の違う錠剤によって差があります。
10mgの場合には、服用後4、5時間ほど作用し、20mgの倍には、8時間から10時間ほどの作用があります。
服用の間隔時間は24時間とされていますので、この時間を守って次の服用をする必要があります。

レビトラは、用量の違う錠剤が販売されていますが、10mgでも効果がない場合には20mgの錠剤を試す事もできます。
この20mgの錠剤の場合には、他にも糖尿病などの持病がある人にも効果があるといわれています。
医師との相談の上での服用が可能ですので、医師に相談してから服用する様にしてください。
糖尿病以外にも、血管の病気や、心臓病などの持病がある場合には、医師との相談のもとに服用する様にしてください。

レビトラも、他のED治療薬と同じ様に血管拡張作用があるので、服用の際には、アルコールの大量摂取などは避けるべきです。
副作用としては、軽い頭痛や顔のほてり、目の充血、鼻づまりなどがあるとされています。
個人差がありますが、服用後暫くするとこれらの症状も治まる事がほとんどですので、さほど心配する必要はありません。

れびとら 効果時間を利用して、ストレスのない状態で行為を楽しんでください。