レビトラの画像

れびとらを食後服用した場合の効果時間

れびとらとは、ED治療薬として処方されている薬です。
ED治療薬としてはバイアグラも同じですが、その有効成分は違います。
れびとらにはバルデナフィルという有効成分が含まれていますが、バイアグラにはシルデナフィルという有効成分が含まれています。
れびとらの方は、使用する人の体質によって効果が高い場合があります。

効果としては、れびとらは勃起状態を維持できない人や、勃起不全に陥っている人のED治療薬となります。
れびとらは、服用すれば勃起を促すとという薬ではないため、外部からの性的刺激を受けることによって、その効果を発揮します。
これは、刺激により勃起を持続させるために必要なcGMPという血管を拡張させる物質を、増やす必要があるというです。
つまり、性的興奮や性欲増強などの効果はないということです。

効果時間は空腹時に、れびとらを10mg服用することによっておおよそ5時間前後の効果がみられます。

れびとらは、食事で影響を受けます。
ですから服用は、空腹時が望ましいです。
食後服用した場合は、消化されていないと本来の効果を発揮することが出来ないのです。
ですから、食後は2時間ほど感覚を空けて服用することで効果を得ることが可能となります。