レビトラの画像

初代ED治療薬の特徴とペロニー病との関係について

ペロニー病は陰茎海綿体の中の白膜という箇所にしこりが発症する男性特有の病気です。しこりの影響で勃起した際に痛みを生じたり、陰茎が曲がったりする症状が発症します。また勃起時にペニスが曲がるだけでなく、勃起障害を誘発しED(勃起不全)を併発することもあるといいます。ペロニー病は良性の腫瘍のため、ガンなどの重度の病気になることはありません。ペロニー病が進行すると発症すると言われるEDは勃起不全という症状で、日本人男性の発症率は比較的高いとされている疾患です。EDは性交渉をするための満足な勃起ができない状態や、勃起を保てない状態などで性交渉ができない状態を指します。EDの改善には専門の病院で診察の上、ホルモン療法や薬剤投与などの治療が施されます。薬剤投与には患者に適した効果的なED治療薬を服用することになります。ED治療薬には様々な種類がありますが、世界でで最初に認可された初代ED治療薬があります。その初代ED治療薬はバイアグラという商品で、誰もがニュースなどで一度は耳にしたことがある程に知名度の高い薬剤です。初代ED治療薬「バイアグラ」とは陰茎の海綿体の血管の筋肉を緩めることにより、陰茎への血液量を増やし陰茎海綿体の内圧を高めるという作用があります。バイアグラに含まれる有効成分には「ジルデナフィル」という成分が含まれています。その他にも現在日本国内でED治療薬として認可を受けている薬剤はレビドラとシアリスという治療薬があります。レビドラは水に溶けやすい性質を持つため、その即効性には定評があります。効果はバイアグラと似ており、比較的短時間で抜群に効くという特徴があります。一方シアリスはバイアグラとレビドラと比較すると、マイルドな効能でナチュラルな勃起が可能だといいます。即効性はない半面、勃起効果が持続しやすいので長時間効果が作用します。